読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとは日和

人生いろいろ放浪記

雨天炎天とルクミ

村上春樹の雨天炎天という本が面白い。

 

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

 

 

ギリシャとトルコの旅行記で、淡々と旅の内容が書かれている。

どちらかと言えばなどと言わなくてもかなりハードでつらい旅に見える。

何日も歩きすぎて足の豆が割れたとか、カビたパンを食べてたとか、滞在場所の劣悪なトイレで出るものも引っ込んだとか、銃を向けられたとか、乗ってる車に石を投げられるとか、そんな辛いエピソードが多い。

他にも美しい自然や現地の人との出会いが淡々と書かれていて興味深い。

平成3年に発売された本なので、今とはまた事情は違うかもしれないけれど私もギリシャとトルコに行きたくなった。

 

で、その本の中に出てくる「ルクミ」という食べ物が気になっている。

トルコのお菓子でロクムと呼ばれたり、欧米ではターキッシュデイライトと呼ばれている。

ロクム - Wikipedia

 

ゼリーのお菓子で、凄まじく甘いらしい。

村上春樹はこれを、歯が浮いて顎がむずがゆくなるくらいに甘い。と表現している。

ルクミは本編で何度も登場し、村上春樹はルクミだんだんと好きになっていくのだが、ルクミという言葉が何度も出るうちに私も食べたくなってしまった。

 

私は都内でルクミを探してみることにする。

もしもルクミを食べたときは、ここに感想を書こうと思う。 

マンガ 落語心中

 

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

 

 ネタバレなし。

 

最近になって全巻読み終わりました。

最終巻の10巻はじーんと来てしまった...

落語が物語の軸になっているのだけれど、それだけでなく老いとか恋とか人生そのまま詰め込まれたマンガでした。

何度も読み返してしまった。

 

最近、老後や今後の生き方について考えているので、ちょうど良かった感じ。

 

 

アニメはAmazonプライムで配信しているので落語シーンを聞いてみたい。 

 

 

シンガポールのお土産

先日の旅行で買ったもののメモやオススメを書きます。

 

TWGの紅茶

f:id:peko-a-peko:20170415014320j:image

定番。マリーナベイサンズにて購入。

お高めですがやはり高いだけあって美味しい。

これは缶に茶葉が入ってるタイプ。

今回は家用に缶に入ったシンガポールティーとばら撒き用にイングリッシュブレックファーストのティーバッグの箱を買いました。2つで65ドル。

シンガポールティーは紅茶と緑茶のブレンド、シナモンのような香りも効いてます。

ティーバッグ系はばら撒きにもいい感じだし、コットンで高級感あります。

カロンも持ち帰りたかったのだけれど、日持ちしないので現地のカフェで食べるだけにしました。

f:id:peko-a-peko:20170415020950j:image

カロン、サクサクほろほろでとっても美味しいのでTWGのカフェでぜひ食べてほしいです。私は死ぬまでにもう一度食べたいな。

 

ココナッツオイル

f:id:peko-a-peko:20170415015417j:image

日本で流行りのやつ。日本で買ったら2000円以上しそうだけど9ドルくらいで買えました。カレーやコーヒーに入れたり、ココナッツクッキーにしたり。

 

サフランと岩塩

f:id:peko-a-peko:20170415015717j:image

小印度駅のムスタファセンターにて。サフラン特設コーナーができてます。

サフランライスやパエリアに使ったり。

日本で買うより安く買えました。9ドルくらいだったと思う。

あと岩塩も買ってみた。味は普通かな。お肉に擦り込んだりして使ってます。

 

アーユルヴェーダ石鹸

f:id:peko-a-peko:20170415022121j:image

こちらもムスタファセンターにて。山積みで雑に売られています。

激安。1個0.8〜1.5ドルくらい。ばら撒きにもオススメ。

日本人定番土産になってるみたいで、私が石鹸コーナーに行ったときも日本の女の子たちが選んでました。

ここには写ってないんだけどオレンジ色の箱に入ったパパイヤ石鹸がツルツルで匂いがきつくなくてオススメ。

白檀の香りのやつとか、物によっては匂いがきついので食品などとは分けたり、ビニールに入れてしっかり封をするのをオススメする。

 

その他お菓子など

ドライマンゴー、ネタとしてドリアンチョコレート、ラクサ味のカップヌードル(買って帰ったら日本でも売ってたけど...)、ラクサ用キット(日本で手作りするのがちょっと面倒なので)、タイガービール(酒類は日本より高いのでお土産には向かない)、ミロの一粒サイズのチョコレートを買いました。

 

 

 

いかんせん物価が高いので、現地じゃないと買えないものやその土地で安いものなんかにフォーカスして買い物しました。

ムスタファセンターはほんとにデカくていろいろ置いてるのでオススメです。

見るだけでも楽しい。

そういえばマーライオンのグッズはひとつも買わなかったなー。

 

 

ゴム手袋の重要性

今年から生活スタイルが少し変わり、毎晩夕飯を作るようになった。

毎回洗い物が億劫だったのだが、毎日なんとか頑張って洗っていた。

ご飯を作るのも食べるのも楽しい。

あとつい調子に乗ってたくさんの皿を使って作ってしまう。

品数の多い日や揚げ物だった日は片付けが面倒くさくて放置してそのまま寝て、次の日の朝に洗っていた。

 

そんな生活を4ヶ月くらい続けたら手がシワッシワになってしまった。

特に指の甲の横に刻まれたシワがとても深い。

それに指の関節部分はすりむけ気味だったし、年不相応で触るとカサカサの、なんとも哀れな手になってしまった。

いままで洗い物をしてもこんなにはならなかったのに、年齢的なものだろうか。

あとiPhone指紋認証が通りにくくなったのは気のせいだろうか...?

 

そこでゴム手袋を購入してみた。

ハートや花がらのエンボス加工がされたものだったりピンクのものだったり全体的に凄まじくダサいのだけれど比較的まともなライトグリーンの手袋を買った。

それからは洗い物が終わっても手がカサカサすることもないし、手がカサカサにならなくて済むということで食後サッと洗えるようになってきた。

ありがとう。ゴム手袋。

 

間取りの関係で食洗機は置けないであろう我が家が引っ越すまでの間、どうかよろしくお願いします。

 

ちなみにゴム手袋はワニクリップでとめて、壁面にひっかけて収納しています。生活感...

あと今までの経験上、安いゴム手袋は臭くてすぐ破けるので少し高いやつを買ったほうがいいです。

腕の部分をキュッとしてくれるタイプなんかは使いやすいです。

 

 

いつも家事で詰まったときに見るエントリー↓

ありがとうございます。

anond.hatelabo.jp

 

 

映画 お嬢さん

 

ojosan.jp

 

有楽町での最後の上映日に早起きして滑り込みで観てきましたので感想など。

ネタバレもあります。

 

続きを読む

老後とか死とかの理想

最近老後と死について考えている。

周りに子供が産まれ始めたからとか、周りで人が亡くなったりとか、そんなことがあったからだと思う。

 

私は孤独死は可哀想、周りのひとにさせちゃいけないみたいな考え方をしてきた、自分の身内(お年寄り)が一人暮らししてるととても心配になったりする。

 

でも本当に孤独死は可哀想なのか。

最近は疑問に思っていて、死んだらそれっきり後のことなんて分からないし、テクノロジーの発達で死んだらすぐに発見されやすくなるんじゃないか?とも思う。

家族と同居しててもアクシデントで1人で死ぬことになることもある。 

 

結局、可哀想なんて私のただのエゴなので、他人に押し付けないようにしなければならないし、最近はその人が望むなら1人で死ぬことになっても別に良いかなと思う。

 

いつか、希望の老後と死に方は夫と話しておきたいなと思う。

 

私は人生しゃぶり尽くしてボケずに眠るように死にたい。あくまで理想です。

虐殺器官とハーモニー

ネタバレあり。

 

ずーっと気になっていたのに手を出していなかった2冊を年明けに読んだ。

 

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 


作品内の時系列的には虐殺器官→ハーモニーなのだけれど、先にハーモニーから読んでいた。

 

ハーモニーは、トァンが刹那に生きている感じが桜井亜美の主人公たちを思い出させる。あと途中単独行動し出したしひどい目にあうのかも…とヒヤヒヤしながら読んだ。

ミァハもカリスマ性がありとても魅力的。

見下していたキアンが実は三人のことをちゃんと気にかけていたと知るトァン、そのシーンが一番印象に残っている。

 

相手を無意識のうちに見下して、後になって自分の愚かさに気づく…っていう苦い経験を思い出した。

 

ラストは残念な結果になったけれど、その後の世界をぶっ壊してくれる人が現れて欲しい。

(でも残念ながら、あの人々は調和しながら淡々と生きてくんでしょうけれど。)

 

 

ラヴィス、ジョン、ルツィア、隊員たち、虐殺器官も登場人物が魅力的だったのだが、一度読んだだけではキャラクターの心理描写がわからない部分があったので2回目も読みたいところ。

こうして、アメリカは滅亡したのだなーと。

ハーモニーと比べて主人公が特殊部隊ということもありアクションシーンが多め。

ちょうど放映中のアニメも気になっている。(→これを書いたあとに見てきた)

 

2作品とも夢中になって読んだし、何度と読み返すんだろうな。

しかし、伊藤計劃氏の新作を読むことが出来ないのがとても残念だ。