読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとは日和

人生いろいろ放浪記

リトルインディアとメヘンディ

f:id:peko-a-peko:20170318205506j:image

 

先日シンガポールに行ってきた。

シンガポール華人・マレー系・インド系などからなる他民族国家。

 

この日はインド系の人たちの住む小印度(リトルインディア)という駅で下車して街に向かった。

 

f:id:peko-a-peko:20170318210029j:image

 メヘンディと呼ばれるヘナタトゥーをどうしても一度入れてもらいたかったのだ。

タトゥーと言っても皮膚を染めてもらうので痛みもないし、2週間程度で消えてしまうものらしい。

 

市場の並ぶ場所をぶらぶらすると、メヘンディの看板のある商店に出くわす。

中では女性がスマホをいじっていて、外では男性が人形に筆で色を塗っていた。 

 

カタコト英語でメヘンディ入れてくださいと頼むと、店の中のテーブルに座るよう言われる。

10ドル払うと女性がヘナの入ったペン(ホイップクリームのしぼり袋が小さくなったようなもの)を持ってきて、どんどん私の左手に絵を描いていく。

10分くらいで絵は完成。

f:id:peko-a-peko:20170318210622j:image

乾くまで服や人にくっつかないよう街を歩いた。

 

 

ホテルに着いてからヘナを剥がすと皮膚にうっすら色が入っている。次の日にはもっと濃くなるらしい。

f:id:peko-a-peko:20170318210713j:image

 

次の日になるとしっかりと色が出ていた。

f:id:peko-a-peko:20170318210809j:image

 

インドでは花嫁に入れたり、祝事に入れられるメヘンディ。

女神ラクシュミの加護が受けれるんだとか。

自分の手が少し特別なものになった感じがして旅の間は何度も手を見てにやにやしてしまった。

アクセサリーもいいけど、肉体自体に何か装飾するのも素敵。

まじないみたいな、強いパワーがある行為だと思う。

また訪れることがあったら入れたいし、おでこに入れるビンディにもチャレンジしたい。