読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねとは日和

人生いろいろ放浪記

モスクを見学に行く

東京ジャーミーに見学に行った方のブログを読んで興味が湧き、私も見学に行くことにした。

 

 

代々木上原駅から歩いて5分くらい。

そこは住宅街に突然現れる。

f:id:peko-a-peko:20170327044118j:image

日本語でガイドの方の説明付きで中を見学をさせてもらった。 

 

とても興味深かったのがラマダンの話。

ラマダンといえば約ひと月の断食。

断食する期間は日が昇っている間だけらしい。

(私は1ヶ月ずっと何も食べないのだと思ってたけど普通に考えたら死んでしまうよね…)

日没後、皆で食べるご飯はとても美味しいそうだ。

ひと月のラマダンを終えて、飢えずにご飯を食べることが当たり前になってくるが、また一年後のラマダンで断食をして、食べること、神に感謝することを忘れないようにするのだとか。

 

この話を聞いている隣、大きなテーブルでご飯を食べている人たちがいた。
異国の地でもこうやって同じ信仰の人と集まってご飯を食べる。そういう場所があるだけで少し安心できる気がする。

 

 

実際の礼拝場も見学させてもらったが、中の作りが非常に凝っていて綺麗だった。

金と青と白と星の荘厳なデザインに息を飲んだ。

 

礼拝場では男性と女性で入れるエリアが分かれていたが、これは差別ということではないとのことだ。

礼拝は横一列に並び(隣の人と体が触れるくらいの近さ)決まった方角に祈りを捧げるのだが、異性が隣にいるのは祈りの妨げになるとの考えかららしい。

異性を気にするのは遺伝子的にはどうしようもないことだから、場所を離すという配慮からということだった。

 

なんとなくハードな印象があったイスラムの世界だったのだけれど、少なからず誤解していた部分があったと思う。

イスラム以外にも分からないこと、怖いこと、できるだけ自分の目で見て判断できるよう生きていかないといけないし、それを放棄したくはないなと思っている。 

 

丁寧に案内して下さった方、どうもありがとうございました。