ねとは日和

人生いろいろ放浪記

起床環境の改善

我が家の朝に起きれない問題が深刻なためいろいろやってみた話です。

 

 

うちの起床状況

うちは夫婦揃って夜型で朝に弱く、目覚ましアプリに大量に目覚ましを登録しても結局起きれない。

寝起きもボヤーッとしたり気分が悪かったりかなり最悪ですし、起こされるのもあまり好きではありません。(起こして欲しいと頼むのにキレる)

遅起きでもその人にあった生活ができていればいいのだが、昼過ぎや夕方に起きるのは気分が沈んでしまうので良くなかった。

夕方に起きたりすると、結局朝に寝るのでほとんど日光に当たらないので鬱々としていたことが多かった。

 

自力で気持ちよく起きたい。かつ持続可能な仕組みを作りたい。 

寝室の環境を変えてみるかーと思い少しテコ入れしました。

 

 

カーテンを薄手に変えてみる

まず寝室の超厚手のカーテンを薄型のものにしてみました。

ニトリの薄手の二枚組のカーテンです。

部屋の中はちゃんと見えなくなるけど、UVカットしつつ薄手で程よく日光が入ってくるっていうやつ。

これで日中も部屋が少し明るくなりました。

 

 

カーテンを開けて寝る

あとは朝に日光を浴びればすっきり起きれるのでは?ということで、カーテンを全開にして寝るのを思いついたのですが、向かいの家から部屋がそこそこ見えてしまうので、夜カーテンはどうしても閉めたいなーと思い結局できませんでした。

 

 

カーテン開閉ガジェットを導入

 

 

カーテンレールに装着して、専用アプリでタイマーをセットすると時間になるとカーテンを開閉してくれます。

 

もともと寝室が西向きなので8時にカーテンが開くとめちゃくちゃ日光が入るようになりました。

導入後、1週間ほどで夫はすっきり起きて朝方になっていきました。

 

ところが私は「あー日光が当たってるー」と思いながら二度寝するんですが、ここで別の目覚ましアプリを仕掛けてなんとか起きれるところまで到達しました。

 

うちは左右で二枚のカーテンを使ってるんですが、顔に日光が当たる片側カーテンだけに設置しました。

両側とも開閉したい場合はmorninが2台必要です。

 

 

まとめ

毎日早く目覚めるぞ!というほどではないが、以前より起床時の不快指数が下がったと思う、他にも有効なアイデアがあれば試してみたい。

実行に移すのが難しいけど線路の近くに住んでみるっていうのもなかなか良い気がする。